×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

中山大障害

中山大障害で毎回的中実績をだしている。負けることは絶対にない。1年に一回だけ!レース開催日にのみ配信される伝説的なメルマガ
中山大障害関係者情報無料

1年に1回だけ無料メールマガジン発行。中山大障害だけの為に、中山大障害をトコトン研究している中山大障害スペシャリスト達による情報です。

中山大障害とは

ここへ画像の説明を記入して下さい 注目!秋のマイル王決定戦
1984年、短距離路線の充実を図るため、4歳(旧表記)以上の定量戦としてG1「中山大障害」が創設された。第1回から変わらず、11月の京都開催の第3週目に外回り・芝1600mで行われている。春の安田記念と並んで、マイラー日本一を決めるレースとして位置付けられている。  98年に国際競走に指定。外国馬は5頭まで出走可能だったが、04年に国際G1に格付けされたことで9頭まで可能となった。なお、08年からは4週連続で行われる国際G1競走シリーズ「ジャパン・オータムインターナショナル」の2戦目となっている。  また、今年からレーティングの上位5頭に優先出走が認められることになった。

注目!同一年での両G1制覇は5頭
安田記念とマイルCS。マイラーの頂点を決める2つのレースを同一年に制覇した馬は過去に5頭いる。  まずはニホンピロウイナー。記念すべき第1回のマイルCSを制した同馬。翌85年は春秋マイルG1制覇を果たした。2頭目は94年のノースフライト。牝馬では現在まで同馬ただ1頭の快挙。続いては、98年のタイキシャトル。海外のジャック・ル・マロワ賞をはさみ、マイルG1を3連勝。絶対的な力を見せつけた。翌99年のエアジハード。春はグラスワンダーを、秋はキングヘイローを破っての優勝となった。そして、07年のダイワメジャー。G1通算5勝目を春秋マイル制覇で飾った。

注目!優勝ジョッキーも注目
今年で29回目を迎えるこのレース。武豊騎手がまだ制していないG1(他は朝日杯FS)としても知られている。  逆に複数回優勝している騎手が多く、過去3勝を挙げているのは4人。現役では横山典弘騎手、池添謙一騎手の2人(他には引退した岡部幸雄氏、河内洋現調教師)。横山典騎手は95年トロットサンダー、97年タイキシャトル、09年カンパニーで優勝。池添騎手は03年、04年連覇のデュランダル、昨年のエイシンアポロンで制覇している。  また、現役騎手で2勝しているのは、安藤勝己騎手(06年・07年)、蛯名正義騎手(99年・02年)、O・ペリエ騎手(01年・05年)の3人。どの騎手が制するかも見どころの一つだ。

1年に1度の特別配信

メルマガ登録
 メールアドレス
 年齢
 レース名
レース名は変更しないで下さい。
powered by 特別メール配信

優秀な母系が勝利へのカギ

赤1)サンデーサイレンス系からノーザンダンサーへの過渡期か!?
デュランダルやダイワメジャーの活躍もあって、サンデーサイレンス(SS)産駒が2003年から2007年まで5連勝、うち3回はワン・ツー・フィニッシュを果たした。2008年にもアドマイヤベガの子ブルーメンブラットが勝利し、このマイルCSはサンデーサイレンスにとって、かなり相性のいいレースといえた。  ところが近2年はノーザンダンサー系種牡馬が連勝。2010年には1番人気ダノンヨーヨー(父ダンスインザダーク)が2着に敗れ、3番人気キンシャサノキセキ(父Fuji Kiseki)は13着。2011年は1番人気リアルインパクト(父ディープインパクト)が5着、2番人気リディル(父アグネスタキオン)が14着と揃って馬券圏外へと消えている。  ひょっとするとサンデーサイレンス系の神通力が薄れ始めているのかも知れない。

赤2)サンデーサイレンス系vsノーザンダンサー系の戦い
過去10年の系統別成績は以下の通り。数の上ではサンデーサイレンス系が他を圧倒しているし、率の面でもまだまだ優秀。少なくともサンデーサイレンス系以外のヘイルトゥリーズン系やミスタープロスペクター系の苦戦ぶりに比べれば「まだまだ見限れない」とはいえるだろう。  ナスルーラ系から出た勝ち馬カンパニーは最初の2年は人気になりながら馬券から消えているし、アドマイヤコジーンやサイドワインダーが1番人気を裏切っている。「その他の系統」からはトウカイポイントが出ているが、近年はマイルCSへの出走自体が途絶えている。やはり実質的には「サンデーサイレンス系vsノーザンダンサー系の戦い」といえるのではないだろうか。

赤3)連軸はノーザンダンサーの血を引く馬から選べ
母の父の系統別成績は以下の通り。母父ノーザンダンサー系が数の上では主軸、逆に冴えないのが母父サンデーサイレンス、ナスルーラ系、ミスタープロスペクター系といったあたりだ。 ここで重視したいのはノーザンダンサーの血。過去10年の連対馬のうち、父・母父のどちらもノーザンダンサー系ではなかったという馬は4頭しかいない。2002年にはマイバブ系(その他の系統)×ヘイルトゥリーズン系のトウカイポイントが大穴を開け、2005年にはサンデーサイレンス×リボー系のハットトリックが勝利。2010年の2着にはサンデーサイレンス系×ミスタープロスペクター系のダノンヨーヨーが入り、昨年はミスタープロスペクター系×ナスルーラ系(ネヴァーベンド系)のフィフスペトルが2着だった。  いずれの年も馬連の相手は父か母父がノーザンダンサー系。つまり軸馬は「父か母父がノーザンダンサー系」という観点で選ぶべきだろう。

赤4)純粋なマイラー血統では勝ち負けできない
過去10年の連対馬の父の現役成績を見ると、ほとんどが2000m以上のG1で好走した経験のある馬たちであることがわかる。  現役成績は完全にスプリンターだったDanehillも英ダービー馬や凱旋門賞勝ち馬を送り出しているし、現役時3戦1勝(マイルのデビュー戦でのみ勝利)のミラクルアドマイヤは、兄がフサイチコンコルド、弟がアンライバルドで、2000m以上への対応力を感じさせる血統だ。  唯一Forest Wildcatだけは代々スプリンター〜マイラーといえる血統だが、この年は1分31秒8のレコード決着という非常識なまでのスピード勝負だった。こうした場合のみ快速血統が活躍できるのだろう。  基本的には純粋なスプリンター〜マイラー血統より、2000m以上のG1でも走れる素養を重視したい。

赤5)芯の通った母系であることが望ましい
 勝ち馬は母系も優秀だ。  トウカイポイントの近親からトランスワープが出て、いまなお衰えを感じさせない母系。デュランダルは母が現役時7戦4勝、兄サイキョウサンデーは重賞ウィナーだ。ハットトリックの母は米G2勝ち馬、ダイワメジャーの母は重賞4勝、ブルーメンブラットの兄は北海道スプリントCを勝っている。カンパニーの母系からは、トーセンジョーダンやビッグテースト、レニングラードなど活躍馬がゾロゾロと出ているし、エーシンフォワードの母系からは種牡馬Quiet Amelicanが出た。そしてエイシンアポロンの弟はドバイでG1勝利。  母系の現役成績・繁殖成績が優秀なほど、期待は高まるといえるだろう。

【過去結果】中山大障害

【第135回】2012年11月18日(日) 5回京都6日

2012年第135回中山大障害的中無料情報  レース動画を見る

着順 5 マーベラスカイザー 14 バアゼルリバー 9 マジェスティバイオ
的中馬券 3連単 9,460円 23番人気

【【第134回】2011年 12月24日(土) 5回中山7日

2011年第134回中山大障害的中無料情報  レース動画を見る

着順 8 マジェスティバイオ 10 ディアマジェスティ 2 ドングラシアス
的中馬券 3連単 4,890円 7番人気

【第133回】2010年 12月25日(土) 5回中山7日

2010年第133回中山大障害的中無料情報  レース動画を見る

着順 8 バシケーン 6 タマモグレアー 12 マイネルネオス
的中馬券 3連複 26,050円 74番人気

伏兵バシケーンが競り勝ってJ・GI初制覇  4年前の逃げ切り勝ちを再現すべく、マルカラスカルが今年も中山大障害(J・GI)を引っ張る。だが時おりテイエムトッパズレも先頭をうかがい、直後からはトーワベガやタマモグレアーも前にプレッシャーをかける。この戦いを中団で見ていたのが、単勝オッズ56.8倍・10番人気の伏兵バシケーン。「折り合いにだけ気をつけた」という蓑島靖典騎手とともに、虎視眈々と仕掛けのタイミングを計りながらの追走だった。  最終障害を飛び終えた後、各馬一斉に追い出しをスタート。もっとも勢いが目立ったのは脚をためていたバシケーンで、外から先行勢を1頭ずつ交わし去っていく。ゴール前では好位から粘るタマモグレアーとの追い比べとなったが、これをハナ差ねじ伏せてバシケーンが1着、重賞初制覇をJ・GI の大舞台で果たしたのだった。  平地未勝利のまま障害入りし、そこから初勝利まで11戦も要したバシケーン。諦めずに育て続けてきた高橋義博調教師にとっても1999年の開業以来初となる重賞タイトルで、その喜びはひとしおであるはずだ。

【第132回】2009年 12月26日(土) 5回中山7日

2009年第132回中山大障害的中無料情報  レース動画を見る

着順 7 キングジョイ 14 メルシーエイタイム 1 オープンガーデン
的中馬券 3連単 4,940円 10番人気

デッドヒートを制してキングジョイが連覇を果たす  ハードラーたちにとってのクライマックス、中山大障害(J・GI)。その直線では、人気2頭による手に汗にぎる叩き合いが繰り広げられた。  レースを引っ張り続けたテイエムトッパズレが2周目向こう正面で落馬。押し出されるように2番手トウカイポリシーが先頭に立つと、2番人気メルシーエイタイムも好位から押し上げ、1番人気キングジョイが追随する。そこから実績に勝るこの2頭が熾烈なデッドヒートを演じ、観衆を大いに沸かせる。  内のキングジョイは、一昨年2着、昨年1着、今春の中山グランドジャンプでも2着とこのコースに絶対の自信を持つ。外のメルシーエイタイムも、このレース1勝・2着3回と堅実な戦績を積み重ねてきた。たがいに譲らぬ両馬だったが、最後はキングジョイがメルシーエイタイムをねじ伏せ、2馬身差をつけてゴールへと飛び込んだのだった。  最大のライバルを突き放しての連覇。素晴らしいレースぶりとともに、キングジョイの名は中山大障害の歴史にしっかりと刻みつけられることとなった。

【第131回】2008年 12月27日(土) 5回中山7日

2008年第131回中山大障害的中無料情報  レース動画を見る

着順 8 キングジョイ 13 メルシーエイタイム 14 テイエムトッパズレ
的中馬券 3連複 51,410円 78番人気

悔しさを末脚に換えて、キングジョイがハードル界の王座に就く  2年前のこのレースの覇者マルカラスカルが、今季は中山グランドジャンプ制覇、前走・イルミネーションジャンプSをレコード勝ちと、6歳にしてさらに上昇。中山大障害(J・GI)でも断然人気を背に逃げ、後続との差を広げていきます。ところが襷コースを終え、左回りになったところで外へ逸走するというハプニング。ふたたびハナを奪ったものの、このロスが響いたかゴール前で伸びを欠き、5着に敗れてしまいます。  直線、マルカラスカルを交わして昨年の勝ち馬メルシーエイタイムが先頭に立ちましたが、そこへ豪快に差してきたのがキングジョイです。  昨年も好位から差を詰めたもののメルシーエイタイムの2着に甘んじたキングジョイ。その悔しさを原動力に換えたような伸びを見せて、今年はきっちりと2分の1馬身差し切っての1着ゴールとなりました。  もともと差し脚の安定感には定評のあったキングジョイですが、さらにパワーを増しての戴冠。チャンピオン2頭を破っての、堂々の王座奪取でした。

【第130回】2007年 12月22日(土) 5回中山7日

2007年第130回中山大障害的中無料情報  レース動画を見る

着順 14 メルシーエイタイム 11 キングジョイ 8 マルカラスカル
的中馬券 馬連 2,660円 10番人気

雪辱の先頭ゴール! 2年連続2着のメルシーエイタイムが栄冠を勝ち取る  翌日の有馬記念には豪華メンバーがそろいましたが、こちら、障害の頂上決戦となる中山大障害(J・GI)にも注目の顔ぶれが集まりました。  1番人気は一昨年のこのレースの勝ち馬、約1年半ぶりの実戦となった前走・京都ハイジャンプで貫禄の逃げ切り勝ちを収めたテイエムドラゴン。2番人気は昨年の勝ち馬、平地を二度叩いて上昇を示すマルカラスカル。3番人気は一昨年と昨年連続2着のメルシーエイタイム。この3頭だけが、単勝オッズ10倍以下。大障害コースの実績では現役トップ3といえる5歳牡馬3頭が、真っ向から激突する闘いとなったのです。    レースでも、この3頭がしのぎを削ります。大逃げを打ったハイヤーザンヘブンとの差を徐々に詰めて、大生垣を越したところでマルカラスカルが先頭へ。これにメルシーエイタイムも離れずついていって、直後からはテイエムドラゴンが虎視眈々。そして最後の障害を飛び終えたところから、長い長い追い比べが始まりました。  ここで力強い脚を見せたのがメルシーエイタイムでした。まずはテイエムドラゴンを突き放し、マルカラスカルに並びかけて力ずくで交わし去ると、直線でもパワフルな伸び。3強をマークしていたキングジョイがゴール前で2番手に上がりましたが、これを1馬身半押さえ込んでの1着ゴールとなりました。  過去2年の雪辱を果たしたメルシーエイタイム。2走前の東京ハイジャンプはレコードタイムで圧勝、前走は平地のレースで鋭く追い込んで3着と、近走の好調ぶりをそのまま発揮して、見事に頂点へと立ったのです。鞍上は初コンビとなった横山義行騎手。1998年にビクトリーアップで中山大障害(秋)を制するなど、このコースを知り尽くしたジョッキーによる、自信たっぷりのレース運びも印象に残る一戦でした。

【第129回】2006年 12月23日(土) 5回中山7日

2006年第129回中山大障害的中無料情報  レース動画を見る

着順 3 マルカラスカル 11 メルシーエイタイム 7 アグネスハット
的中馬券 馬連 1,180円 4番人気

4100mの逃走劇! マルカラスカルが敢然と逃げてJ・GI初制覇を果たす  昨年の勝ち馬テイエムドラゴン、今年のハードル界を引っ張ってきたスプリングゲント(障害6戦6勝)とコウエイトライ(重賞3勝)は、いずれも故障などのため回避。やや残念なことになりましたが、そのぶん、どの馬にも勝機アリ、出走馬が集まり、16頭のフルゲートで中山大障害(J・GI)のスタートは切られました。  15頭を引き連れて逃げたのはマルカラスカルです。この馬も昨年暮れに障害未勝利戦を勝ち上がり、今年に入って牛若丸ジャンプS、淀ジャンプSと連覇して将来を期待された馬でした。が、長期休養に入り、11月に復帰してからの2戦は平地のレースで惨敗。障害戦は10か月ぶり、過酷な中山コースは初めてとあって、2番人気に推されていたものの好走を不安視する声があったのも事実です。    久々の障害戦なので、相手に合わせるよりも自分のペースで。そんな計算からか、鞍上・西谷誠騎手は果敢にハナへと立ちます。そしてそのまま、誰にも先頭を譲らない4100mの逃走劇。後方に控えていた1番人気メルシーエイタイムが最後のコーナーでグングンと上昇してきましたが、マルカラスカルも直線で再加速、みるみる他馬との差を広げ、メルシーエイタイムとアグネスハットの2着争いを6馬身も後方に見ながら余裕のゴールを切ったのでした。  マルカラスカルを管理する瀬戸口勉調教師は、来年2月に定年を控えています。瀬戸口厩舎の「障害での主戦」ともいうべき西谷騎手は「最後に大きなプレゼントを渡すことができた」と感涙の様子。またマルカラスカルの父はグランプリ・有馬記念で抜群の強さを誇ったグラスワンダー。そのグランプリ前日に、うれしい産駒のGI初制覇となったのでした。

プライバシーポリシー

フェブラリーS 高松宮記念 桜花賞 中山グランドジャンプ 皐月賞 天皇賞(春) NHKマイルC ヴィクトリアマイル オークス 日本ダービー 安田記念 宝塚記念 スプリンターズS 秋華賞 菊花賞 天皇賞(秋) エリザベス女王杯 マイルチャンピオンシップ ジャパンC ジャパンCダート 阪神ジュベナイルF 朝日杯フューチュリティS 中山大障害 有馬記念 競馬ランキング